DIGNO TでAndroid Studioの実機検証

Androidの実機の検証用に。

 

WindowsAndroid Studioで認識させるために、下記ページへ。

 

http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/302kc/usb/index.html

 

上記下部の「ADB用USBドライバ(Android™開発者向け)」の箇所のexeダウンロード。

 

これでいける。

Android Studio 画面遷移

Android Studio は執筆時の最新のもので検証。今回は2.3.3。

下記のページを参考に。

 

akira-watson.com

 

適当なActivityを作製。Android Studioの画面左の app → java → プロジェクト名を右クリック(androidTestでもtestでもない、おそらく一番上のやつ)で New → Activity → EmptyActivityを選択。

勝手に res → Layout 以下にレイアウトファイルも作られる。

元のActivityに、

public void moveNext(View view){
 Intent intent = new Intent(FirstActivity.this, SecondActivity.class);
 startActivity(intent);
}

注:
FirstActivity:元アクティビティ
SecondActivity:遷移先アクティビティ


って感じにメソッド作って、元の画面にボタン作って、レイアウトのxmlのそのボタンに関する箇所に android:onClick="moveNext" ってのを追加。

マニフェストファイルに遷移先のアクティビティの追記は、現在のバージョンでは勝手にやってくれるもよう。便利。

Android Studioで開発中、気に入らないからgitで修正前に戻したらちょっとおかしい

開発中にこまめにgitにコミット。

で、新しくActivityを作製してみたんだけど、なんか気に入らないから、Android Studioを終了してgitで修正を戻して再度Android Studioを起動。

で、先ほど作ったActivityを作り直そうと再度同名で作ろうとすると、勝手に activity_hoge2 って感じにLayout Nameが勝手に変更される。「2」って。 activity_hoge ってなってほしいのに。

 

[Build]→[Rebuild Project]してから再度作ると、今度は作れた。

Android Studio の IdeaVim の設定ファイル。

Android Studiovimキーバインドを使うために IdeaVim をセット。

しかし、escを叩くたびにビープがうるさい。

:set visualbell t_vb=

とすれば、ビープは消えるけど、再度Android Studioを立ち上げるとまたビープがうるさい。

IdeaVim の、 .vimrc 相当のファイルってないんだろうか?

 

……ってことで、ぐぐったらあった。

 

qiita.com

 

 

stackoverflow.com

 

C:/Users/YourUserName/.ideavimrc

って感じにファイルを作製。これが .vimrc 相当のファイルの模様。ドットから始まるファイルだから、まあがんばってファイル作製。

このファイルに :set visualbell t_vb= 記述で、いつ起動してもビープは消えた。

いやっほい。

 

 

 

 

Android習作001

久々ですよ、Android

いろいろと忘れているので、順番にやる。

ボタンをDesignで配置するも、実行してみると、真ん中に配置したのに違うところ……左上に配置される。

 

デフォルトで表示されてるテキストをクリックすると、バネみたいなので配置されてるからこれっぽいけど、なんだこれ?

ボタンの配置は左の方にするんだけど、分身っぽいものが右の四角の紺色の方にも表示される。で、そのボタンをクリックすると、ボタンの上下左右に○が表示され、ここをクリックしたまま引っ張ると矢印が表示。どうも、これで上下左右の表示を調整するらしい。なるほど。

 

f:id:asacloud9:20170625151139p:plain

 

んで、こんな感じに配置、っと。

バネで調節されてる感じね。

 

f:id:asacloud9:20170625152506p:plain

 

 

 

Android Studioを久々にインストール

ここからダウンロード。

https://developer.android.com/studio/install.html

android-studio-bundle-162.3871768-windows.exe

 

 1年ぶりにインストールしたら、前は黒系のデザインだったのに、白系になっていたでござる。

 

キーバインドvimにしたいんで……

 Android Studio の File → Settings から Plugins。

「Install JetBrains Plugin...」をクリック。

vim」で検索して、「IdeaVim」を選択し、「Install」をクリック。

インストール完了したら「Install」ボタンが「Restart Android Studio」になっているので、それをクリックしていろいろ閉じてAndroid Studio再起動。

あと、escキーを押すと、beep音がうるさいんで、それのカット。

 

:set visualbell t_vb=

参考:

http://qiita.com/yokkora/items/e2515d5f477c146ca9b7

 

 

動作検証用に仮想端末(Android Virtual Device (AVD))の登録。

 Android Studio の Tools → Android → AVD Manager。

「Create Virtual Device...」クリック。

持ってるスマホにサイズを合わせて、「Nexus 5X」を選択した。

1080x1920。

基本は次、次。

 

で、 Android Studioの再生ボタン(実行ボタン)クリックで、仮想端末が表示される。で、仮想端末は多分英語の設定になっているので、仮想端末内のセッティングとかで日本語表示にしておくと良。

あと時間もタイムゾーンも日本にする。

 

試しに、activity_main.xmlにボタンを配置してクリックでアラートダイアログ表示のテストをやってみたらエラー。

「 This view is not constrained, it only has designtime positions, so it will jump to (0,0) unless you add constraints 」

下記、回避方法?

Fix This view is not constrained Android Studio Error Solution Tutorial

http://www.android-examples.com/view-not-constrained-android-studio-error-solution-tutorial/

activity_main.xml に配置したボタンを右クリック→Constraint Layout→Infer Constraintで、xmlの<button に出てたエラーっぽいの消えた。

あと、ボタンオブジェクトに 
android:onClick="clickHoge"
って感じに設定しているんだけど、MainActivity.java 内のclickHoge()メソッドの引数に View view を記述するの忘れてた。
んで直したらボタンクリックでアラート出たー(゚∀゚)